RSS
SEABORG150J
前のページ
SEABORG 150J
シーボーグ 150J
ハンドルノブS交換可
画像
左から:150J-L、150J
画像
左から:150J-DH-L、150J-DH
画像
ワンハンド手持ちGAMEをより軽快に、よりスリリングに。
快感JOGパワーレバーを搭載、コンパクトHiパワーモデル。
小型コンパクトボディーにワンハンド快感操作「JOGパワーレバー」を搭載。特殊ネオジウム磁石「MAGMAXモーター」でワンランク上のターゲットが狙えるクラスを超えたHiパワー&Hiスピードモデル。パワフル巻上げシングルハンドル(ドラグMAX7kg)仕様に、手返し重視・フィネスドラグ設定のダブルハンドル(ドラグMAX5kg)仕様。更に操作性に拘った左右の使い分けで、手持ちGAMEの世界が拡がる充実のラインナップ。
JOG POWER LEVER
新たな釣りの世界を開くダイワテクノロジー
画像従来ハンドル側についていたパワーレバーをセンターに配置。形状は親指操作が可能なジョグ方式を採用。ジョグパワーレバーによりクラッチON、OFFから棚取り、巻き上げまで全てのリール操作が片手で可能となり、沖釣りをアクティブに楽しむことができる。
JOGでしかできない釣りがある。
画像
クラッチを切って仕掛けを落とす。タナを切る。誘い上げる。タナを取りなおす。巻き上げる。ジョグパワーレバーが搭載されるだけで、これだけの操作を親指1本でこなせてしまう。
手持ちコンセプトが反映され、ロッドは飛躍的に軽くなった。ましてやライトゲームである。ロッドの持ち替えでもたついていては、アクティブな釣趣が損なわれてしまう。
ロッドを利き腕から離さず、軽快に魚との駆け引きを楽しむ。ジョグパワーレバーは、ライトゲームのクオリティーを一気に引き上げてしまうに違いない。
【全ての操作を指1本で決める】
JOG SYSTEM
画像
画像
画像
1:クラッチを切る
2:クラッチをつなぐ
3:巻く

利き腕でロッドを操作する優位性は計り知れない。やり取り中における突っ込みへの対処はもちろん、ビシやオモリを海中へ下ろす際など、片手でロッドを保持する場面も往々にしてあり、ロッドは利き腕で持つほうが断然有利だといえる。ジョグパワーレバーの登場によりリールの操作は片手で行えるようになった。
であるならば、ロッド・リールともに操作を利き腕に任せてしまうほうが効率的で、体への負担も小さい。

THE MONSTER

最大巻き上げ力 ”35kg”
『駆動中枢にマグマックスモーターを採用。高い技術の複合が、さらなるハイパワーを引き出す』
画像

シーボーグ150Jは、300〜400番クラス並みの巻上げパワーと低速トルクを実現。高剛性のアルミダイキャストボディ・パワーロスが少ないギア駆動・マグマイト構造との相乗効果で、軽量かつコンパクトでありながら、ワンランク上のターゲットとも堂々とわたりあえる。
※最大巻上力とは電源電圧13V、軸トルクによる参考値です。

画像
■マグマックスモーター

電動リールの性能が上がり、小型で使いやすくなってきている。ただ、どんなに性能が上がろうとも、“もっとパワーが欲しい”と思ってしまうのが釣り人の本音。パワーが上がれば大物が釣れる。釣り上げるスピードが上がれば、釣果も上がる。「ハイパワー」「ハイスピード」という基本性能の向上を望まない釣り人はいない。
そんな釣り人の飽くなき要求に、電動リールを製造するメーカー各社が試みたことはさまざまだが、モーターの仕組みという点で考えると、出来ることは実は限られている。電動リールのモーターは、基本的にコイルとバッテリー(電源電圧)、磁石の組み合わせだ。パワーをあげるためには、コイルの巻き数を増やすか、バッテリーの電圧をあげるか、磁力をあげるしかない。DAIWAが注目したのは磁石。磁力をあげればモーターの出力が上がるのは分かっていたが、それまで使っていた磁石ではもはや限界だった。そこでDAIWAが目を付けたのは「特殊ネオジウム磁石」。この特殊ネオジウム磁石を搭載したハイパワーモーターが“マグマックス”である。

マグマックスモーターの詳しい説明はこちらから▼

画像上:従来の150サイズのコイル部
下:シーボーグ150Jのコイル部

シーボーグ150Jに組み込まれているマグマックスモーターは300番サイズと同等。これまでの150番サイズよりもローター幅とコイル線径がアップしたことで、ライトゲームの範疇を超えるほどのハイパワーを得ることが可能になった。これはモーターが大きくなったとしてもFF構造でモーターをボディ前面に置くことができることによる産物。トータル設計でよりメリットが増大する結果を得た。

■アルミダイキャストボディ
画像ボディには剛性が高く、変形の少ないアルミダイキャストボディを採用。
『マグマックスモーター』をはじめとする駆動セクションをがっちりと受け止め、パワフルなファイトを強力にサポートする。
■フルメタルギア駆動
画像高負荷に強く、駆動力をダイレクトに伝達するギア駆動を取り入れたドライブセクション。
■マグマイト構造

画像限られた小さなスペースの中でモーターパワーを最大限発揮するマグマイト構造。電動リールのエンジンであるモーターを出力UPさせるため、モーター本体のケースをモーターを支持しているフレームにその役割を持たせる事により同じスペースなのにモーターを大型化する事に成功した構造。モーターの熱はフレームで放熱する仕組み。

特にモーター前置きFF構造を採用しているため、冷え易いというメリットを持ち、実釣時は冷却効果が発揮されモーターパワーを今まで以上に引き出せる構造となる。
※道糸入力時は安全のためフレーム(モーター部)に濡れタオルを当てて巻いてください。

『剛でねじ伏せるか、柔でいなすか』
一つのシリーズでも対象魚に応じてベストなドラグを選択する新しい考え方

シーボーグ150Jには、左右のシングルハンドルと左右のダブルハンドルを設定。
シングルは樹脂製パワー系スタードラグ、ダブルにはアルミ製フィネス系スタードラグと、それぞれに異なるタイプのUTD(アルティメットトーナメントドラグ)を搭載した。剛でねじ伏せるか、柔でいなすか、対象魚に応じてベストなドラグを選択できる。

画像
画像

強靭ドラグ&パワフル巻上げ
パワーゲーム仕様。ドラグマックス7.0kg

シングルハンドルには、立ち上がりが早く、マックスの高いドラグを搭載。ヤリ&スルメイカ、タチウオ、ヒラメなどワンランク上の釣りにも対応する。

フィネスドラグ&手返し重視
テクニカルゲーム仕様。ドラグマックス5.0kg

ダブルハンドルには、立ち上がりが緩やかで、微調整の利くフィネスドラグを採用。細いハリスを使用しての真鯛や手返し重視のマルイカ・メバルなどテクニカルな釣りに向く。

UTD
(アルティメット
トーナメントドラグ)
画像画像

ドラグの効き始めの食いつきを解消し、締め込んでもスティック(ムラ)のない安定した滑らかさを実現。

UTDの詳しい説明はこちらから▼

画像

【ドラグ特性比較】

シングルは立ち上がりが早くマックスが大きいのに対し、ダブルはドラグ耐力の低い範囲が緩やかに長く続く特性を持つ。

小型・軽量・防水を実現する元となるFF構造

画像1996年の発表以来、多くの釣り人に支持されてきたのがFF構造。
今やDAIWAの電動リールは、ほぼFF構造を採用している。それはFF構造が小型軽量を実現することができるだけでなく、防水性にも大きく貢献することができるため。
電動リールの骨格であり、現在も多くの釣り人の快適な釣りを支える機能である。

FF構造についての詳しい説明はこちらから▼

動画インプレッション
この商品に関するよくあるご質問(クリックするとページへ移動します)
搭載機能一覧
  • インフィニットストッパー
  • ウルトラスプールフリー
  • 電動スロー巻上
  • 表示補正
  • 上からカウンター
  • チョイ止め・巻スイッチ
  • コマセタイマー&タイマー巻上げ
  • 選べる船べりスイッチ
  • ウォッシャブル
  • アラームON・OFF
  • パワーコード(ブラック)
  • クラッチOFF時、シンクロレベルワインド
シーボーグ 150J
品名ギヤ比標準
自重
(g)
最大
ドラグ力
(kg)
標準
巻糸量
ナイロン
(号-m)
標準
巻糸量
PE
(号-m)
最大
巻上力
(kg)
常用
巻上速度
1kg負荷時
(m/分)
JAFS
基準
巻上力
(kg)
JAFS
基準
巻上速度
(m/分)
ベアリング
(ローラー
/ボール)
メーカー
希望本体
価格(円)
150J-L4.845573-200
4-140
1.5-300
2-200
3-150

35
(38)

141
(156)
919011/171,000
150J4.845573-200
4-140
1.5-300
2-200
3-150

35
(38)

141
(156)
919011/171,000
150J-DH-L4.846053-200
4-140
1.5-300
2-200
3-150

35
(38)

141
(156)
819011/176,000
150J-DH4.846053-200
4-140
1.5-300
2-200
3-150

35
(38)

141
(156)
819011/176,000
※表内の( )内の数値はスーパーリチウムを使用した場合の概算値です。
※入力時のご注意
マグマイト構造はモーター出力の強化、モーターの放熱効果アップを図る構造です
結果として入力時のように通常より長時間まき続ける場合には以下の点にご注意ください。
1:道糸入力時にフレームが従来構造のものより熱くなりやすいのでご注意ください
2:安全の為フレーム(モーター部)に濡れタオルなどを当てて巻き、熱にご注意ください
対応バッテリー一覧
■用語解説
【最大巻上力とは?】
電源電圧13V、軸トルクによる参考値です。(メガツイン機構の場合はパワーレンジ)
※Kg=Kgf・cm(スペックを表記する際には簡略形にて表記しております。)
【常用巻上速度とは?】
電源電圧13V、1Kg負荷時の100m巻上速度の平均です。
【JAFS基準とは?】
日本釣用品工業会が定める釣り用品の標準規格です。
【JAFS基準巻上力とは?】 
日本釣用品工業会規格による電源電圧13Vにおける測定値。スプール外周径における瞬間最大巻上力です。
(メガツイン機構の場合はパワーレンジ)
【JAFS基準巻上速度とは?】
日本釣用品工業会規格による電源電圧13Vにおける測定値。スプール外周径における無負荷時の巻上速度です。

■電源について
ダイワの電動リールは、直流(DC)12V対応です。指定外の電源、たとえば家庭用の交流100V、船装備の直流24Vなどでは使えません。
なお、船電源は、発電機や配線の関係で電圧が不安定になりやすく、リールの保護回路が働いて回転が停止したり、断続的になってしまうことがあります。
リールの性能を十分に発揮させるため、上記の「対応バッテリー一覧」に表記されている対応バッテリーをご使用ください。