RSS
前のページ
IGNIS TYPE-R
イグニス タイプR
ソルト対応
ハンドルノブS交換可
画像
2505H
EXIST譲りの基本性能に、ライトラインの使用を想定したUTDフィネスチューンを搭載したフロロカーボンライン専用モデル

2014年、初代イグニスから数えること6年。“TYPE-R”の称号が10年の時を経て復活。初代から引き継ぐフロロカーボンライン専用のセッティングは踏襲しつつ、より性能を磨き上げたドラグ「UTDフィネスチューン」を搭載。優れた滑り出しと、魚の引きに対して追従する滑らかさを併せ持つ“オートマ志向”のドラグだ。60アップのビッグバスや回遊型など、突進力のあるバスの初速をいなせるドラグ性能は、ダイワ史上至高のバス専用機と呼ぶにふさわしい。

ラインの進歩に比例してライトライン化が進むバスフィッシングの世界に対応するべく、2003H、2505、2505Hの3種類をラインナップ。

淡水においてもメリット大
ダイワの防水・耐久テクノロジー「MAGSEALED(マグシールド)」

「マグシールド」とは、強い磁性を持たせた特殊なオイル「マグオイル」で強力な油膜を作り、水や異物の侵入をブロックするというまったく新しい発想から生まれた防水システム。その最大のメリットは、軽く滑らかな初期の回転フィールが長期にわたって維持されることにある。

そもそもローターやハンドルといった回転系パーツをいくら軽量化しても、それを支える軸受部の抵抗が大きければ、軽く滑らかな回転を得ることはできない。購入時は滑らかだったリールの回転が、徐々に抵抗感を増す要因のひとつが、水や異物の侵入。基本的に塩ガミとは無縁である淡水のバスフィッシングにおいてもそれは例外ではない。水に含まれる不純物はもちろん、風や雨、藪コギや等よってリールは常に微細なホコリ・ゴミ・砂等が侵入するリスクに晒されている。こうした異物がピニオン部の隙間に入り込むと、スムーズな回転を妨げるうえにパーツも摩耗し、次第に回転時の抵抗が増していく。従来は淡水専用リールといえども、こうした経年劣化の宿命からは逃れられなかったのが事実である。

それらの問題を一挙に解決したのがマグシールド。強磁性のオイルとマグネットで強力な油膜を作ることで、滑らかな回転の維持と防水に成功。その効果はリールの使用開始後、時が経過するにつれて徐々に顕著なものとなってくる。アフターサービスデータに基づくマグシールド非搭載機種との比較では、ギヤ―部の回転異音発生件数は約1/3にまで減少している。回転性能が滑らかであることは、トラブルレスであるだけでなく、ルアー操作時にラインから伝わる情報に集中でき、より質の高いゲームが展開できる、ひいては釣果が伸びるという結果にも結び付くだろう。釣行回数の多いコアなアングラーはもちろん、たまに釣りを楽しむサンデーアングラーにとっても、釣行後にメンテナンスフリーでリール購入当初のスムーズな回転性能と優れた感度が長期間維持されるというマグシールドのメリットは計り知れない。

マグシールドのさらに詳しい説明はこちら▼

フィネスフィッシング専用ドラグ「UTDフィネスチューン」

従来のワッシャー同士の摩擦力に加え、特殊グリスのグリス膜(油膜のようなもの)効果により、効き始めが滑らか、しかも魚の引きに追従して、効き具合もオートマチックに変化しながら作動し続けます。しかもズルズルにはならないため、魚に主導権を取られることもない。開発にあたっては、ダイワテスター陣とともに徹底的的な実釣テストを行い、数度にわたる改良を経て完成。フロロ1.5lb、2lb等の超ライトラインでのやりとりにも対応するフィネスチューン版UTD。その実力は「ダイワ史上最高のフィネスドラグ」といっても過言ではないレベルである。


【ウェーブスプリング採用】
ドラグノブのバネに特殊なスプリング(ウェーブスプリング)を採用。調整幅が更に拡大し、実用範囲の中では、ドラグ耐力に関わらず、ノブの回転とドラグ力変化が一定となる。やりとりの中でドラグを再調整する場合にもより安心感が増した。


【通常のUTDとの使い分け】
UTDの特徴はその正確な作動力。設定した値で滑らかにドラグが作動し始めるその信頼性を活かしてストラクチャー周りなどで、出てほしい時だけ出る、止めたい時には止める、といった思い通りのやり取りが可能である。対してUTDフィネスチューンは、設定値以前にワッシャー間のグリス膜によってドラグが滑り始める。ライトラインを使用し積極的にドラグを活用することを想定しており、魚を走らせながらプレッシャーを与え、弱らせて獲ることもできる。より滑らかにドラグが効き始めるため、ラインブレイクがより抑えられるのはもちろん、引きの変化に追従して滑らかに効き続けるため、魚に主導権を取られにくい点もアドバンテージとなる。
DAIWA TECHNOLOGY
■ZAION

DAIWA独自のカーボン系樹脂素材。その剛性は一般的な樹脂はもちろん、マグネシウムをも凌ぐ。金属素材では成し得ないその軽さは、ロッドとのさらなる一体感をもたらし、水中の様子をよりダイレクトに感じることが可能。トゥイッチなどの連続的なアクションも軽快にこなし、アキュラシーの向上やシャープなアワセでフッキング力がUPするなど、様々な局面で優位性を発揮する。

ザイオンのさらに詳しい説明はこちら▼

■エアローター

『ローター革命』ともいうべき画期的な構造を持つエアローター。最適リム構造により、負荷が分散することでローター耐久性が向上。結果として同等の強度では約15%の軽量化を同時に実現。ローターバランスも向上することでさらなる回転フィールの向上にも寄与。素材にはダイワ独自の「DS5(リール専用ファイバー強化特殊プラスチック)」を採用。

エアローターさらにの詳しい説明はこちら▼

■肉薄アルミ製TYPE-Rスプール

軽量・高剛性のアルミ素材を可能な限り薄肉化。エアスプールと比較しても遜色のない軽さを実現したフィネス仕様のスプールを搭載。従来のTYPE-Rスプールよりもさらに浅溝化し、バス専用機ならではのフロロカーボンラインに特化した巻糸量設定となっている。

画像
■ABSII-R

大口径で巻き取り面を逆テーパーにすることで、スプール前方のラインが押し出されにくくなり、ライントラブルを激減させるABSII。逆テーパー角度をさらにきつめに設定することで、フロロラインでのライントラブル抑制効果を増幅。

【ABSのさらに詳しい説明はこちら▼】

■ ZAION製ハンドルノブ

ハンドルノブ素材にも軽量・高剛性のZAIONを採用。薄肉で平滑な形状は、ピンポイントに撃ったベイトを回収する時に力を入れずとも回しやすく、手返しを向上させる。ファイト時は中心の穴がすっぽ抜けを防止。ハンドルは軽量・高剛性のアルミマシンカットハンドル。

■クロスラップ

巻き糸角度の大きい綾巻き方式を採用することで、スプール巻糸部へのラインの食い込みや糸のズレを防ぐためにクロスして巻き取る方式。特に細糸やPEラインを使用した場合にライントラブルの減少が顕著であり、同時に心地よい飛びを実現。

画像
画像
■マシンカットデジギヤ

ダイワ独自のデジタル設計技術と高精度マシンカット加工による超々ジュラルミン鍛造マシンカットデジギヤ。最上位機種「EXIST」に匹敵する滑らかでパワフルなリトリーブフィーリングを生み出す。

■エアベール

糸がラインローラーまで流れるように送り出されるベール形状により、糸絡みトラブルが劇的に減少。さらに中空構造にすることで重量を変えることなく大幅な強度アップを実現。

■ツイストバスターII

ラインローラーにテーパーをかけて、糸を転がす事により、ローラー回転で発生する糸ヨレを相殺。スピニングリールの宿命といわれた糸ヨレを大幅に解消、ライントラブルを激減させた。さらにフロロカーボンでのトラブル減少のためにテーパー角度を変更している。

【ツイストバスターのさらに詳しい説明はこちら▼】

■リニアシャフト
■ラインローラー2BB
■ローターブレーキ
■リアルインフィニットストッパー
■シャワー洗浄可
■総BB数:11 CRBB:7

イグニス タイプR
品名巻取り長さ
(cm/ハンドル1回転)
ギヤー比自重
(g)
最大ドラグ力
(kg)
標準巻糸量
フロロ
(lb-m)
ベアリング
ボール/ローラー
メーカー希望
本体価格(円)
2003H755.618022-170、3-10011/143,500
2505724.819534-140、5-10011/144,500
2505H845.619534-140、5-10011/144,500
※巻糸量の表示はTDラインブレイブを使用。
付属品
■リールバッグ
■調整ワッシャー
■RCSスプール対応用ワッシャー