RSS
前のページ
TOURNAMENT SURF 45/45QD
トーナメントサーフ 45/45QD
画像
製品拡大
左:トーナメントサーフ45
右:トーナメントサーフ45QD
高耐久、遠投性能を追及した投げフラッグシップリール。
超遠投派、キス競技派に贈るDAIWA伝統の45mmストロークモデル。
投げリールでは初となるマグシールドを搭載することにより、ボディへの海水や砂等の浸入をシャットアウト。初期の軽い回転性能が持続するため、リトリーブに集中することができる。さらに軽量のZAIONローターはハンドル初動が軽くなり、感度の高い釣りが可能となった。ラインローラー部はシーリング付ジルコニアラインローラー。カレイや巨ギス等の大物向けにQD(クイックドラグ)搭載モデルもラインナップ。
ラインナップ
  • トーナメント サーフ45
    軽さと耐久性のマグネシウム超合金カプセルボディに、軽いハンドルレスポンスを生むZAION素材のエアローター。
    投げ専リール初のマグシールド採用により防水性・防塵性を高めて初期の軽い回転性能が持続。ラインローラー部は白い宝石と称されるジルコニア(シーリング付き)を採用。超遠投派、キス競技派の求めるクオリティバランスと操作感を集積することとした。06号PE仕様とスローなサビキの趣向に応えるLG06号のPE仕様(ローギア比)の2タイプを用意。
  • トーナメント サーフ45QD
    トーナメント サーフ45にクイックドラグ(QD)を装着。
    スプールノブをひと回しでドラグフリーの状態を実現。QD5号用スプールはナイロン・フロロカーボン・3号以上のPEといった大物志向のライン仕様を設定。
    ドラグフリー釣法によるナイター巨ギス、場荒れを苦にしない遠くのカレイ・アイナメ、できる限り深みまで投げたいマダイやアマダイ、激磯をもいとわないタマミ・コロダイなど、超遠投大物マニアの求めるクオリティと耐久性を集積。
耐久革命 MAG SEALED (マグシールド)

画像ローターとカプセルボディとの隙間に『マグオイル』と呼ばれる液体の磁性流体を使用したDAIWA革新の防水構造。磁性流体と名のつく通りN極とS極の接近によって生まれたマグオイルの膜がパッキンの役目をはたして水や塵を遮断。さらにパッキンなどの個体を使用した防水システムと比べ、液状のためローターとボディとの摩擦係数を激減させることができ、驚くほど軽やかな回転の継続に寄与する。雨や波しぶき、風に運ばれる塵や砂。多様な環境下に置かれる投げ釣りスピニングの防水・防塵の壁。初期の滑らかな回転性能が持続することは、底の地形、潮の変化を捉える投げ釣りにおいて大きなアドバンテージとなる。
(磁性流体:NASAで開発された特殊マテリアルで、マグネットの磁力に反応し吸着させる特性を持つ)


▼MAG SEALED の詳しい解説はこちらから

ZAION
画像DAIWAが素材メーカーと共同開発した、軽く強く腐食しない高密度カーボン素材。
エンジニアプラスチック(樹脂)の中にカーボン素材を出来るだけ織り込ませて重量比強度でマグネシウムを上回る性能にまで到達。あまりにも剛性があるため、従来のような成型方法では複雑な形状の加工に不適格とされていたカーボン素材でのローター制作をDAIWA独自のカット技術により可能とした。
投げ釣りの世界では、大口径スプールを巻き取る投げリールのローター採用への寄与は絶大で、回転初動が軽いため、止める・動かすに瞬時に対応。本体重量の軽減やバランスの向上にも大きく役立っている。
このZAION(ザイオン)素材は、マグシールドの装備をともなっての複合機能としてより作用し、投げ釣り専用リールに革命的な性能向上をもたらせた。
クイックドラグ

画像■QD(=クイックドラグ)搭載

ドラグを反時計回しに回すとドラグフリー、時計回りに回すとドラグマックスにと、瞬時にドラグ調整ができる便利な機構。ドラグの調整幅を狭く設定しているので、キャスト後に1回のドラグ操作でスプールをフリーの状態(アタリ待ちの状態)にすることができる。

トーナメントサーフ45QDにクイックドラグが搭載されていることのメリットは2つ。
竿出しの時、キャスターはラインをガイドを通す際にベールを起こして作業する。ここで風が強かったりするとラインが不本意に吹き出してしまい困りもの。うっかりするとライントラブルだ。その際、クイックドラグがあると便利である。約1回転ドラグノブを回すだけでベールを起こすことなくラインを引き出して作業ができるからだ。未明、夕暮れなどの視界が不確かな時間帯にも重宝する。

またキャスト直前の準備の段階。キャスターはスプールを飛距離にもっとも有効な位置(ストロークのいちばん突出した位置)でセットする。このあと、オモリのタラシの量を調節。ちょっと長い。ちょっと短く。この微調整をクイックドラグがあればベールを起こすことなく即座に行える。不意にオモリを落とすことなく。クイックドラグは、シロギス専科の超遠投派キャスターにも便利な機構である。

キスしか狙わないキス専科の超遠投派にも「待つ」釣りは存在する。厳寒期の深みに落ちたキスを狙う時。執念のデッドスローなサビキに反応なく、手持ちを「置き」に変えて待ってみる。それは暖期間であっても、潮まわりや時間帯によって1本の竿を「置いて」シロギスの群れの回遊を待つ。至極あたりまえの方式だ。この時、砂浜では1脚にかける。なかにはクーラーボックス備え付けのロッドホルダーを使う人もいる。その掛け方は通称「ヤジロベエ」と呼ばれるスタイルが多い。ロッドの元竿にゴムのリングをつけて、そこを支点に竿尻を浮かせた状態で置く。オモリのテンションとのバランス取りで名のとおりヤジロベエ状態をキープして待つのだが、キスが就餌すると穂先がおじぎをして知らせる算段だ。湘南や静岡ではよく見かける光景である。

但し、このヤジロベエにはひとつ弱点がある。海浜に強風や高波が出ると影響を受けやすいことだ。ラインにかかる風圧や波気、ロッド自体にかかる風圧によってアタリとは違ったおじぎが紛らわしいのだ。このケースの場合、QD(クイックドラグ)機構があると違った「待ち方」ができるのだ。ヤジロベエをやめて、1脚には竿尻を地面につけた状態にする。普通に竿を置いた状態だ。投げ入れて糸フケをとったら、ドラグノブを約1回転緩める。それだけ。ドラグフリーには個人好みのテンションでいいのだが、それだけ。回遊してきたキスがエサを食って走ったらスプールが回って知らせる算段だ。

怠惰、怠慢な釣り方ではない。待つ時間、待つ釣り方。例えば食事や用足しなどの竿を置いた時にも釣りが継続されている。朝と夕には、臆病な巨ギスが心を許して走るかもしれない。さらに不意な大物。例えば、マダイ、チヌ、ヒラメ、マゴチ、スズキなどのゲストが繊細なシロギス仕掛けに掛かってしまった時。エイやサメなどちょっと困った大物がつっこんで来た時。ドラグがあると対処の方法が広がるものだ。ストイックなシロギス専科のキャスターにも「やわらか頭」でQD(クイックドラグ)機構の優位性を提案する。
(トーナメントサーフ45QDに搭載)

搭載機能

  • REAL FOUR(リアルフォー)
  • 水洗いできるウォッシャブル構造
  • 高耐久のジルコニアラインローラー
  • マグネシウム合金採用・高精度エアメタルボディ
  • 45mmストローク
  • オープンフェーススプール(トーナメントサーフ45)  
  • クロスラップ
  • キャストロック&マニュアルリターン機構
    (※ベールは手で返してください。)
この商品に関するよくあるご質問(クリックするとページへ移動します)
トーナメントサーフ 45
品名巻取り長さ
(cm/ハンドル
1回転)
ギヤ比標準
自重
(g)
最大
ドラグ力
(kg)
標準巻糸量
ナイロン
(号-m)
標準巻糸量
PE
(号-m)
標準装備
ハンドル長
ベアリング
(ボール/ローラー)
メーカー
希望本体
価格(円)
06PE844.137581.2-2000.6-250
0.8-200
85mm12/195,000
LG 06PE723.637581.2-2000.6-250
0.8-200
85mm12/195,000
QD 5号用884.1440155-2003-250
4-180
85mm12/197,000
※巻糸量のPE号-m表示はサーフセンサー+Siにての設定